太陽光発電の強み

わかりやすい説明で太陽光発電をマスター!

豊田市住宅にあった太陽光発電

豊田市は産業の多い町としてかなり有名なのですが、ここでも太陽光発電が多く使われています。
産業と環境破壊とは切っても切り離せない関係なのですが、少しでも環境をよくしようということで工場などでも太陽光発電が使われていることもあるのです。
また一般の住宅などでもよく使われています。
そんな太陽光発電なのですが、基本的にはどのような屋根でも取り付けることができるのです。
瓦の屋根でもできますし、ストレートになっている屋根でも付けることができます。
また最近では箱のような形をした住宅もあるのですが、このような屋根でも付けることができるのです。
箱のような建物というのは屋根に傾斜がありません。
傾斜は太陽光発電を設置する上ではとても大事なものなのですが、このような屋根の場合にはどのようにして設置するのでしょうか。
実は足場を作って傾斜を作って設置するのです。
ですので傾斜のない屋根でも取り付けることができます。
また足場を作って傾斜を作ることで雨が降ったときにも水はけをかなりよくすることができるのです。
斜面になっていれば重力で水は下に落ちてくれるのです。
これで雨がたまって水垢になる危険性もありません。
また、屋根が二面にわたる場合と四面にわたる場合があると思うのですが、二面でも四面でも大体は南東の方向にパネルを設置するのだそうです。
この方向が一番発電の効率がいいからなのですが、もしもこの方向に設置することができなければ、他の方向で設置します。
しかしどちらにしても南のほうの方向で設置することになるのです。
もしも南のほうに向いている屋根が無い場合にも一応業者方に相談をしてみるのもいいかも知れません。
もしかするとこのような屋根でも設置の仕方をかなり工夫することによって何とかうまく設置して発電ができるようになるかもしれないからです。
またどうしうても屋根に設置できない場合には別のところに足場を組んで設置することになります。


省エネ支援活動をしている豊田市